期末テストへ向けて③ (中2・3後編)


いよいよ、理科・社会の攻略です。

まず、この2教科に共通で述べたいことは、「理科社会って暗記だから」という意見についてです。
これは大きな間違いで、正確には「理科社会って暗記して初めてスタート地点だから」です。

学校の出題方針によっては有効な場合(例えば、一問一答ばかり50連続で出すとか)もありますが、
ほとんどの問題は一つのテーマに沿った文章や資料に従って出題されます。
ですから、「暗記したものを聞かれた内容に沿って正しく答える」力が重要です。

その学習方法としては
①「まず、大事なところは暗記。読みもしくは漢字の書きを正確に。(本当はどちらもできれば言うことないですが)
②一問一答形式ではなく、大問形式の演習問題を繰り返す

このパターンをお勧めしています。
学校の課題をやり終わっただけでは不十分。「それを活用する力」をしっかりつけていきましょう。

ですが、「そんなゆっくりじゃ間に合わない・・・」と嘆く人も多いことですから、我々が演習問題を用意しました。
残された期間、塾で出されるたっぷりの演習を繰り返してくださいね。実はこれを繰り返すだけでも①は結構カットできますよ。


この記事へのコメント